マイホームを建てる

今後の注文住宅市場の動向の予測

マイホームを新築するときには、時代を問わずにコストを最大限に意識するのがポイントである。そのための今後の注文住宅市場でも、ローコスト住宅のようなコストを強く意識した建築プランが登場するであろう。そこで住宅メーカー各社でも、建築資材を自社工場で加工したり海外から輸入するなど、徹底した費用削減を目指すであろう。また建物の価格以外にも、建築後のランニングコストが割安な注文住宅も注目されるであろう。そのために住宅メーカーでは、メンテナンスや光熱費などのコストの割安な住宅を開発中である。そして近い将来住宅メーカーが開発した技術が建築現場で広く応用されるので、更にお得に生活できる注文住宅が登場するであろう。

建築プランを練り上げるときの注意点

注文住宅の建築プランを練り上げるときには、多角的に費用を考えることが重要である。特に将来的にリフォーム工事が行いやすい設計プランを選ぶことで、長期的な費用の節減が実現可能である。また建物全体の断熱性を重視することが、長期的には省エネルギーの実現に役立つであろう。特に浴室のようにエネルギーを使う設備であれば、断熱性を高めることが光熱費の節約に直結するであろう。そして建築コスト全体を安くするときには、注文住宅であってもできるだけ規格化された建材や設備を使うべきである。そして建材コストを安くすることで、建築費を節約することも可能である。また工期の短い建築プランを知恵を絞って考えることが、人件費の節約によるコストカットにもつながるであろう。